映画:『祈り』

祈り

大阪市中央区上町(玉造)にある鍼灸院百花堂の西田佐知子です。

先月、映画『祈り』を見ました。

人間の可能性ってスゴイと感じると共に、もっと人間を信じていこうと思いました。

皆さんも機会があったら、是非見てみて下さい。

 

映画の最後にナレーションされたグリフィンの「祈り」という詩です。

 

 

大きなことを成し遂げるために 力を与えて欲しいと神に求めたのに・・・
 謙虚を学ぶようにと 弱さを授かった。


 偉大なことができるように健康を求めたのに・・・
 より良きことをするようにと 病気をたまわった。


 幸せになろうと富を求めたのに・・・
 賢明であるようにと 貧困を授かった。


 世の人々の賞賛を得ようとして 成功を求めたのに・・・
 得意にならないようにと 失敗を授かった。


 求めたものは1つとして与えられなかったが・・・
 願いはすべて聞き届けられた。


 神の意にそわぬものであるにもかかわらず・・・
 心の中の言い表せない祈りはすべて叶えられた。
 私は最も豊かに祝福されたのだ。